snap0139

『シン・ゴジラ』
エヴァンゲリオンにはハマらなかったくちですが、
庵野監督製作とのことで、
そこそこ金はかけるだろうってことと、
公開前にハリウッド版ゴジラをテレビ放送したことから、
それなりの自信があるだろうということで、
観に行きました。
しかも4DXで…。

4DX、
演出の水しぶき噴出を座席のボタンで
ON/OFF切り替えれます。
隣に座っていた老夫婦はOFFにしていましたが、
シーンによって風も吹くので、
自分の席の水しぶきが全部老夫婦にかかってしまいました。
かなり面白かったのですが、
ハンカチを出して顔を拭いていたのが可愛そういなり、
自分の席もOFFにしました。

映画の内容に関してですが、
結論としては『良かった』です。
邦画特撮系では断トツじゃないかと。

良かった点
・登場シーンやラスト等、ゴジラの新設定
・戦闘シーンは短いもの密度が濃い
・火の吐き方が相当カッコイイ
 庵野監督なら巨神兵ぽいんだろなと思ってましたけど。
・キャストの演技が臭くない(石原さとみを除く)

微妙な点
・ハリウッド版もそうでしたが、
 ゴジラは一度上陸したら、すぐ海に帰る。
 そして再来までひたすら長い会議シーン。
・人間側の主役は政治家だけ。舞台は会議室のみ。
 ただ、CGに金をかける分、今作の割り切り様は
 逆に良かったのかも知れない。
・人間側が政治家ばかりなので内容が結構難しい。
 更に全員早口。
 ゴジラのデザイン含め、子供向けでは無いので、
 そこは良かったと思う。

ゴジラのグロい外見の理由は謎でしたが、
雑誌立ち読みして『不安定だから』らしいです。
造形したのは有名な竹谷さんとのことです。
素晴らしい。 
顔付きはもはや深海魚ですな。

映画は一度でおなか一杯ですが、
続編ありそうな終わり方なので、そちらは期待します。
 

↓クリックいただけると嬉しいですm(_ _)m
映画評論・レビュー ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村